26歳の専業主婦とセフレの関係になったわけ

私は、今、ある人妻とセフレの関係にいます。

彼女とは、ハッピーメールで知り合いました。

私が、いつものようにハッピーメールにある掲示板を見ていたら、『今日は、午前中で家事が終わり、お昼から何もないの。』と書かれていたものを見つけたので、『もし、良かったら、今からメールのやり取りしませんか?』と私のプロフィールみたいなものを書いて、メールしたのです。

すると、OKとの返事が来たので、やり取りをしていたら、彼女は、26歳の専業主婦だそうで、結婚前は、OLとして働いていたのですが、ご主人から家にいて欲しいと結婚後は、専業主婦でいるそうです。

専業主婦は、時間が有効に使えていいのですが、逆に時間が余って、仕方がなく、とりあえず、テニス等のサークルに行っていますが、あまり乗り気になれず、毎日、憂鬱な日々を送っているそうです。

しかも、ご主人は、仕事が忙しくて、夜の生活も、あまりないことも、彼女を憂鬱な気分にしているんだそうです。

そこで、私、『気晴らしに遊びませんか?』とメールしたら、『映画でも行きたいわ。』と返事が来たので、彼女と会うことになりました。

でも、世間体を考え、彼女と会うのは、彼女が住んでいるところよりも遠いところにしました。

当日、彼女と会いましたが、とても可愛い顔をしていて、26歳よりももっと若い印象を持ちました。

まず、彼女が観たいと言った映画を鑑賞後、喫茶店に行って、雑談をした後、帰ることに。

本当は、もう少し居たかったのですが、ご主人のことを考え、ここは我慢して、早めに切り上げることにしたのです。

その後、3回デートをして、お互いのことを分かり会えた私たち。

もう、ラブラブモードでした。

そして、3回目のデートが終わった後、彼女からメールが来て、『明後日、お昼時間ありますか?』と書いてあり、ちょうどその日は、代休だったので、OKと返事した後、彼女から『その日は、エッチしてもいいですか?』と書かれていたのです。

人妻とエッチするのは、初めてでしたが、彼女のことを好きになった私は、OKすることに。

当日、彼女と会い、事前にエッチすることが分かっているので、お互い、恥ずかしさがありましたが、時間のこともあり、ラブホテルに入りました。

彼女は、初めて不倫をするので、とても緊張している様子。

そこで、私が、キスをして、服をゆっくり脱がせてあげました。

全裸となった彼女は、手で胸と股を隠していましたが、それを私が、はらいのけて、彼女の全てを見ました。

彼女は、とても綺麗な体をしていて、舐めたくなった私は、おっぱいを舐めたところ、『あん!』と声を上げる彼女。

そして、乳房全体を舐めたら、『あああん。』と声が大きくなり、感じている様子。

そこで、私も服を脱ぎ、全裸になると、ベッドへ。

彼女をベッドに寝させて、彼女のおっぱいを揉み、舐めまくり、そして、彼女のお○んこに手を伸ばし、クリを触り、お〇んこの中に指を入れ、Gスポット辺りを指で刺激すると、『あああ、そこは、ダメ~、すぐにいっちゃうから~。ダメ~。』と言って、とても感じ、さらに、指で掻き回すと『ああああ、ダメ、もう、いっちゃう、いくよ。いく~。』といってしまったのです。

いった後、彼女は、『恥ずかしい。』と言っていましたが、私が『恥ずかしくないよ。もっといっていいよ。』と言うと、うんと頷く彼女。

そして、私は、彼女の股間に顔を埋めて、クリトリスを舐め、お〇んこ全体を舐めまくると、『あ~。これもイイ~。』と声を上げ、感じまくる彼女。

その後、彼女から、『おちんちん。舐めたくなったの。舐めさせて。』と言ったので、シックスナインの体勢になり、お互いのものを舐めまくりました。

彼女は、先ほど、いったことで、緊張感が取れたこともあり、私のお○んぽを舐めまくりました。

『ジュボ、ジュボッボ』と音を出して、竿全体を口に入れて、舐めたと思ったら、次は、袋を吸い込むように含み、舐めると、お尻の穴も舐めてくれました。

その間、私が彼女のお○んこを舐めているので、『ああん!』と喘ぎ声を出し、体をよじりながらのフェラは、たまりませんでした。

そして、我慢できなくなった彼女は、『ねぇ。入れてもいい?』と聞いてきたので、『いいよ。』と答えると、彼女は、私に寝るように指示をして、騎乗位で入れてきたのです。

彼女の腰がドンドン下りてきた彼女のお○んこが、て私のお○んぽを全て咥えた瞬間、彼女から『あ~、奥まで入った~。ああああ!いいいい!』と言ったのです。

その声にの大きさにびっくりした私でしたが、その後、彼女は、自ら腰をグラインドさせて、『あああ、
いいい、ここがいいの~。ここが!!!』と言って、自分が気持ちいい所を見つけて、感じまくる彼女。

さらに、足をM字型にして、もっと、感じようとしたのです。

私は、彼女の喘ぐ顔と揺れるおっぱいを堪能していましたが、私も腰を動かしたくなり、動かすと、彼女は『ああああ、キモチイイ!!!』と声を上げ、快感に浸っている様子。

そして、バックをしたのですが、彼女を後ろから突く度に彼女は、『あん!あん!あん!』と声を上げ、さらに、よだれまで垂らしていたのです。

これには、とても興奮しました。

最後は、正常位をしましたが、彼女は、とても感じまくり、『ああああ、ダメ、いきそう、いく~。』と声を上げたと同時に私もいきそうになり、彼女のお腹にザーメンを出したのです。

終った後、罪悪感を感じましたが、彼女の気持ちよさそうな顔と彼女から『とても、気持ち良かった。エッチしてくれてありがとう。エッチするの3月ぶりだったの。』と言われ、その気持ちは、消し飛んでしまい、その後、彼女とは、セフレ関係になったのです。

今は、2週間に1回のペースでエッチをしています。

エッチするのは、彼女のことを思い、平日のお昼にしています。

それゆえ、私の有給休暇がドンドン減っています。