単身赴任中に知った「人妻との遊び」、出会い系サイトのねらい目です

30代前半で4年間、単身赴任えを経験しました。東京の本社から、ある政令都市の支社への転勤です。

最初は不安が大きかったですが、すぐに新生活に慣れ、そうなると「せっかくなんだから、遊ばなきゃ」という気持ちに、男としてはなるわけです。

一度きりの人生!そう考えると、やりたいことは多いですよね

風俗へはもちろん行きました。けれど、30代前半のサラリーマンの給料、しかも東京にいる家族との二重生活で、私の自由になるこづかいはかなり限定されます。そうそう風俗を利用することはできません。

それで考えたのが、出会い系サイトです。出会い系の経験はありませんでしたが、独身の同僚が出会い系マニアで、彼から体験談や情報はいろいろ聞いていました。それで、「おれも使ってみよう」という気になったのです。

東京から遠く離れた、会社の外は知らない人ばかりの新天地。その点では、なんの心配もありません。妻に知られるおそれはほとんどゼロと言っていいでしょう。

ただ、あくまでも単身赴任中の「一時の遊び」が目的です。ですから、お相手を選ぶ時は、少し慎重になりました。相手に本気になられたりしたら、困りますので(ちょっと、自惚れかも)。

最初の時は緊張もしましたし、慎重になりすぎていたために、なかなか思うような出会いがありません。そのうち、「この人、アリかも」と思えるお相手が見つかりました。その人は、私の住まいの隣県の女性で、既婚者、つまり人妻です。年齢は私より10歳上でした。

正直、私の頭には「人妻をターゲットにする」という考えはそれまでなかったのです。「若い女の子がいい」と漠然と考えていましたが、出会い系サイトに登録して、実際に「活動」してみると、若い子はちょっと心配な気になってきました。「遊び」でなくなる危険性を、自分の心の中にも感じたのです。

そんなときに出会ったのが、年上の人妻。10歳も上の女性と経験するのも初めてです。なんだか胸がときめいてしまいました。

サイト上でメールのやり取りをしましたし、顔もわかっています。宮崎美子さんをもう少しぽっちゃりさせた感じの、「かわいい系熟女」です。彼女の家の近くで会うわけにはいきませんので、私の住まいに近い、ある地方都市のホテルで会いました。

そこからは…いまでもはっきりと覚えています

かわいい顔に似合わない、かなりのテクニシャン。年上の人妻に攻められる刺激は、それまで経験したことのない、ショッキングなものでした。私の中で眠っていた「Mっ気」が目を覚まし、恥ずかしさも忘れて悶えまくったのです。

女性に完全にイニシアティブを取られて味わうセックス。一度でハマってしまいました。ホテル代は割り勘にしました。そういうところも年上人妻とのプレイのメリットでしょう。

彼女とはその後も数度セックスしましたが、彼女に他のセフレができたらしく、2ヶ月ぐらいで別れてしまいました。

けれど、人妻をターゲットに変えてから、「出会える率」は急上昇。ハッピーメールほか3つのサイトを駆使して(?)、単身赴任中、人妻との遊びをしまくりました。

人生で一度の、最高の4年間だったと思います。ちなみに、今でも、ごくたまにですが、「人妻遊び」を続けています。