中高年・熟年に最適の出会い系サイトは?

熟年出会い

世の中にある中高年専門の出会いサイトや人妻出会いサイトは、詐欺サイトばかりです。

そもそも、そんなサイトに普通の女性が入会するはずがありません。

それらはすべて、サクラしかいない、絶対に出会えないサイトなのです。

普通の女性が不倫パートナーを探すのは、やっぱりハッピーメールやワクワクメールのような大手出会い系サイトなのです。無料という言葉にだまされてインチキ出会い系サイトに入会しないようにしてください。

大手出会い系サイトなら、女性会員数が多いので、中高年熟年同士の出会いも、若い女の子狙いの場合も効率的に出会い活動を進めていくことができます。

以下は、絶対に信頼できる大手出会い系サイトです。これら大手サイトは、若い人向けのデザインですが、50代60代の会員も多数入会しておりますので、ご自分の出会い活動にあわせたご利用が可能です。

ハッピーメール

ワクワクメール

PCMAX

夏の出会いやすさは異常!不倫してでも夏セックスをしたがる人妻たちの心理

熟年出会い

o05070338e1375175031819_1

1年を通じてもっとも不倫の出会いが増える季節がいつかご存知でしょうか?それはクリスマスがありひと肌恋しくなる冬……と思うかもしれませんが、実はそうではありません。圧倒的といえるほど、夏が多いんです。

夏は薄着になって身も心も開放的になるから!なんてそんな安直な……と思うかもしれません。でも、実際そうなんです。夏って浮かれちゃうんですよ。どうしても。ひと夏のアバンチュールなんて言葉がありますが、それをもっとも謳歌しているのは若い女性よりもむしろ熟女や人妻の方が多いことでしょう。

その証拠に、7月辺りから掲示板の投稿数がとても増えているのにお気づきでしょうか?夏休みにはいった女子高生や女子大生たちが投稿している分もありますが、女子小学生や女子中学生を子に持つ親だって投稿しているんです。

遊びほうけている我が子をみて、うらやましい……。なんて思うわけですね。私だってまだ女なんだから!と娘に張り合っちゃう母親だっているんです。なんなら母娘丼のチャンスすら……あるかもしれませんよ!

それにお盆の辺りになると、仕事が休みになった旦那が1週間以上も家でダラダラ過ごすわけですね。そんな旦那を見てどう思うでしょうか。仲のいい夫婦であれば二人の時間ができたね、なんていって楽しい時間を一緒に過ごせるかもしれませんが、今はそんな家庭はむしろ少数派ですからね。

旦那は旦那で嫁に小言や愚痴をいわれて気分が悪いし、嫁は嫁で普段は一人でリラックスできていた時間に旦那の面倒を見ないといけなくなりこれもまたストレス。

そんなストレスからお互いに出会い系に走ってしまうわけですね。夏はこのように「出会い系を利用したくなる」要素がいろいろ詰まっているんです。利用する女性が増えるのであれば、それは出会えるチャンスが増えるのと同じこと。夏の出会い系は入れ食い状態!特に夏はセックスまで持ち込むのが一段と簡単になる季節でもあります!

夏ならではの人妻の落とし方と、出会い系の利用法をここで考えてみたいと思います。

不倫だってかまわない!むしろ不倫がしたい!と意気込む夏の人妻たち

最新のアンケートで驚くべき結果がでていました。それは、不倫をしてでも夏の出会いを楽しみたい!と考えている女性がとても多いというデータです。

彼氏ナシが73%・不倫でもいいので恋をしたい真夏の恋愛大調査!

【結果サマリ】
・パートナーがいない人の割合が73%で、62%はパートナーを作りたいと考えている
・出会いを探す手段は、「友人の紹介」が最多。街コン、マッチングサイト、婚活パーティと続く
・不倫について、経験者は全体の73%。「場合によっては仕方ない」「しても問題がない」が65%に
・別れた彼氏からのプレゼントは「使い続ける」が最多

d16411-10-914521-1

<【もうすぐ夏、あなたの恋愛は…】>の問いについては、「パートナーはいないし、作る予定もない」(11%)、「パートナーはいないが作り たい」(62%)の合計で、パートナーが現在いない方が73%に達しました。一方で、「パートナーはいるが、違うパートナーを見つけたい」が8%と、夏に 新しい出会いを見つけて、乗り換えたい人も一部いることがわかりました。

<【この夏、どうやって出会いを見つける?】>の回答は割れましたが、一番多かったのは、「友人/知人からの紹介を頼る」が24%でした。「合コン」の 11%も含めると、合計35%が友人/知人の紹介に頼っていることがわかります。以下、回答数が多かった順に「街コン」(19%)、「婚活パーティ」 (14%)、「SNSを利用したマッチングサイト」(13%)と続きます。

リアルの場ではない、オンラインでの出会いを探す人が、「SNSを利用したマッチングサイト」と「出会い系サイト」を合わせて16%、残りの84%はリアルの場で出会いを探していることがわかります。

http://www.jiji.com/jc/article?k=000000010.000016411&g=prt

データでも証明されてしまいましたが、とにかく夏は出会いたい、セックスがしたいと思ってしまう女性がとても多いようです。それはなにも未婚女性に限らず、人妻でさえそう思っている……というより、むしろ人妻ほど強く思っているといえるでしょう。

それに、「出会いをどう見つけるか」においてもSNSや出会い系を使いたいと思っている人は実に16%もいますし、未婚女性ならまだしも友人からの紹介や合コンでの出会いがまったく望めない人妻という立場であれば、それはもう実に80%以上がネットでの出会いを求めているのではないでしょうか?

なぜこうも夏にセックスがしたくなるのかといえば、それは日光を浴びることによってセロトニンという脳内物質が分泌されるからだそうです。セロトニンは主にセックス中に分泌されることが多く、俗に「幸せホルモン」と呼ばれています。

これが分泌されればされるほど幸福感や気持ちの落ち着きを感じられるそうなんですね。なのでうつ病の人向けの抗うつ剤として、このセロトニンが含まれた薬が多く流通しているくらいです。

セロトニンとは『ノルアドレナリン』や『ドーパミン』と並んで、体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つです。
セロトニンは人間の精神面に大きな影響与え、心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから、オキシトシンとともに『幸せホルモン』とも呼ばれます。
セロトニンが不足すると、うつ病や不眠症などの精神疾患に陥りやすいと言われています。

そんなセロトニンを自力で生み出すためには日光を浴びるか、セックスをするか、あるいはその両方を同時にこなすか……(笑)いずれにせよ、夏が最適というわけですね。このセロトニンは目に見えて効果を体感できるようなものではありませんが、脳内には確実に快楽を与えてくれます。

夏の日差しを浴びてセロトニンが少しずつ分泌されだすと、もっとセロトニンが欲しい……と身体が求めだすわけですね。そうするともう一つのセロトニンの分泌手段であるセックスへの欲が深まってくるわけです。

新規入会の女性会員を狙い撃ちしよう!

まさに今この時期に登録してくるような女性は、出会いを強く求めているといって過言ではありません。最近の出会い系サイトであれば、女性会員検索なんてものがついていたりします。

サイトによっては直近のログイン順であったり、登録順で並べ替えが出来たりもします。ログイン順であれば、今まさに活動しているアクティブな女性がわかりますし、登録順であればまだ誰ともやりとりを始めていない、ある意味では処女のような希少価値のある女性が誰かがわかります。特に今の時期は新規入会の処女はオススメですよ!

なにせわざわざ夏の時期に新しく出会い系を始めるんですから、目的はもうセックスですといっているようなものです。開放的で、ひと夏の経験をしてみたい……なんて思っているわけですね。こういう子たちは夏の間だけフラッと遊びに来て、季節が変わればさっていく渡り鳥のようなもので、変に出会い系に染まっていないふつうな子が多いのも特徴です。

出会い系に染まった女性ってちょっとキツいところあったりしますからね(笑)こんなかわいくてきれいな子が出会い系なんかするの!?必要なさそうじゃん!!って子といっぱいセックスできちゃうのも夏ならではですからね。

なのでそういった子を落とすときの決まり文句としては「せっかくの夏だし、ちょっと開放的になって火遊びしてみませんか?」という誘い方ですね。こっちは本気じゃなくて遊びなんですから、一緒に遊びませんか?というスタンスですね。

普段であれば、ただの身体目的の遊び人と捉えられてしまうかもしれませんが、夏であればそれがプラスに働いたりもします。夏なんだしいいじゃん!!っというちょっと無理矢理なくらいのテンションのほうが、結果的にはいい思いができたりするものですよ。出会い系に必要な物は理論やテクニックなんかよりも勢いなんです。

夏ならではの出会いの注意点

夏は当たり前ですが暑いです。特にここ最近はむかしよりも確実に暑くなっていますからね。外を歩くだけでまとわりつくような不快な暑さが襲ってきますから……できることなら外で出歩きたくはないですよね。

でも出会い系で待ち合わせをするのであれば外に出ないと会うことが出来ません。なので待ち合わせ場所を決めるのであれば、必ず涼しい場所を指定してあげてくださいね。野外の炎天下の場所を指定するなんてのはもってのほかですよ。

確実なのは喫茶店やファミレスなどの店内を指定することですね。そうすれば飲み物に困ることはありませんし、座って涼しく快適に待つことが出来ます。駅の改札を出てすぐ、なんてのはあまりオススメできません。

立ってないといけないですし、人混みがあるってだけで温度は上がりますし、見た目的にも暑苦しくなってきて気分が悪くなってしまうかもしれません。

デート先も涼しい屋内にするのがいいでしょう。映画館であったり、この時期なら水族館なんてのもいいですよね。むやみに外を歩き回るようなデートはなるべく避けたほうがいいでしょう。移動で仕方なくという場合も、タクシーなんかを使ってあげると相手はかなり喜ぶと思います。

ただ、わざと外を歩いて暑く疲れさせた頃合いで、ホテルの前を通って「ちょっと休憩していく?」なんていう古典的な手口も……アリといえばアリですね(笑)ちょっと冗談っぽく誘ってみたら、案外のってきてくれるかもしれませんよ。

もちろん、中にはいったら「最初からこうするつもりだったんだ(笑)」というネタばらしも忘れずに。私の成功率は7割ほどですので、真似してもいいですよ!

花火大会やお祭りなどのイベントはセックスチャンスに満ち溢れている

そして夏ならではのイベントといったらお祭りや花火大会ですね。はじめてのデートにいきなりこれらのイベントにいくのはオススメできませんが、2,3回目のデートであればぜひともオススメしたいですね。

なにしろ周りの雰囲気がありますからね。問答無用で楽しい雰囲気にあてられて、おのずとテンションもあがってきますし、それこそ夏ならではの開放的な気分になってきます。いろんな屋台のお店を見て回るだけでも楽しいですからね。女の子がなにか食べたそうにしていたら、さっと買ってあげると好感度も上がりますよ。

間違っても「かき氷って高いよね!あんなの氷にシロップかけただけじゃん!原価はきっと10円もしないのに300円とかなんて詐欺めいてるね!」なんて会話はしないでくださいね。最悪もいいところですから。

あと、金魚すくいや亀すくいなどの生き物系もダメですよ(笑)当たり前ですが、持ち帰るわけにもいかず困りますからね。遊びとして金魚すくいをやるのは大いにアリですが、金魚はいらないですといって返してあげましょう。

花火大会はチャンスの宝庫といってしまっていいでしょう。なにしろ花火大会は混みます。どうやったって混みます。なのではぐれないために、手をつなぐ必要が出てくるわけですね。

実に合理的な流れで手をつなぐことができるわけです。この花火大会で手をつなぐ行為って、何歳になってもドキドキしてしまうものなんだそうですよ。そして花火のドンというお腹に響く重低音は子宮を刺激して、セックスしたくなる性欲を助長するそうなんです。花火大会のあとの公園なんてのは、誰かしらカップルが待ちきれずにセックスをおっぱじめてますからね(笑)

花火大会の翌朝の公園ってのはコンドームが落ちまくっていることで有名です。ただ、考えることは皆同じなようで、近場のラブホテルはほぼ使えないと思っていたほうがいいですよ。それだけは花火大会の難しいところですね。

余談ではありますが、着物や浴衣にはただしい着方があります。いわゆる「右前」というやつですね。これは右側が手前(身体側)にくるため、そう呼ばれているのですが、前の意味を勘違いして右側を上(外側)に出してしまう人もいるんです。

そうしてしまうと「左前」と呼ばれる着方になってしまい、これは死人に着せるための着方なのでたいそう縁起が悪い着方とされています。これのわかりやすい覚え方としては、男性が女性の背後にいた時に利き腕(右)でスッと左のおっぱいを揉める着方が正しい、と覚えるのがいいんです。これで一発で覚えられます。

この話を女の子にしてあげつつ、実演としてスッとおっぱいを揉む仕草をするもよし、実際に揉んでみるも良し。ただ、それで普通に怒られた場合は責任もてませんけどね(笑)

会う約束を取りやすくするためのプロセス!

熟年出会い

出会い系サイトでは女性と実際に会いたい男性が大半です。出来ればスムーズな方法で女性と会える状況を作って行きたいものですね。そこで簡単な手順を紹介したいと思います。

週のはじめに約束を取り付ける!

出会い系サイトのアクセスは基本的に週末が最も多くなります。同時にこの時、男女比率で見ても男性の方のアクセスが多くなります。逆に週のはじめは女性の比率が高くなります。つまり、男性は週末の予定を埋めようと焦って直前にアクセスし、女性は余裕を持って計画を立てることが分かります。

計画的に行動をする女性の多い月曜や火曜あたりに会う約束をすると女性も予定を立てやすくなるということです。

自分からではなく女性に会う口実を作ってあげる

大義名分があれば人は何かと行動を起こしやすいという心理があります。例えば極端に言うと「相手の為」と思えば嘘でも平気でつけるということになります。

「何かを教えて欲しい!」「何かを借りたいんだけど?」「貴方とその話について語り合いたい!」など会う理由を作ることで相手を誘いやすくなります。同時に女性も目的が「会う」でなければ、自分に言い訳をして会いやすい状況が作れるということです。

待ち合わせは短時間で済む時間で安心を与える

女性の立場で考えてみましょう。初対面の男性と日曜日のお昼に待ち合わせを切りだされました。もし気が合わない相手だった場合、最悪その日の夜までずっと一緒の可能性があります。すぐに帰るとも言い出せないですよね。
しかし、夜や次の用事のある日であれば、せいぜい3~4時間程度で済むので女性も、「気が合わなくても短時間だしいいかな?」と軽い気持ちで応じてくれる可能性が高くなります。

待ち合わせ場所は人の多いところを選ぶ

初めての待ち合わせの際に、個室の居酒屋などを予約すると女性は不安に感じ、警戒してしまいます。ひどい場合、待ち合わせ場所に来ないこともあります。
待ち合わせの際には大勢の人がいるレストランや交番前などにしましょう。自分は何も悪い気持ちはないと言うことを女性に知って貰うには全然大げさでもありません。逆に女性はそこまでしてくれるんだと好意と安心感を持ってくれることもあります。

約束まで進めば、次の段階の攻略が必ず出てくるものです。会う理由や会う時間や場所などは、初対面の際は重要になってきます。是非、こういったことも踏まえて出会い系サイトを楽しんでみると、より楽しみが増えるのではないでしょうか。

若い女性が中高年男性に求める5つの理想の男性像

熟年出会い

wfwfv

いまや若い男性よりも人気となりつつある中高年男性。その背景には、もともと男性は年を経るごとに魅力が増していく傾向にあることと、いまの若い男性たちがあまりにも頼りないため、相対的に中高年男性の魅力が増している、という二つの側面があると思います。

これは、女性が男性に求める理想の男性像を、今の若い男性が満たせなくなっているということでもありますね。なにも写真の男性のようにオシャレでスタイルもよくイケメンである必要はないのです。現実的に女性が求めている男性像……特に、中高年男性を対象にしたものとはいったいどのようなものなのでしょうか?

その1.落ち着いたオトナの包容力

40歳のことを不惑というように、中高年男性はこれまで積んできた経験から物事をいろんな側面から判断できるようになります。この経験は若い人たちには絶対に積めない、大きなアドバンテージですからね。亀の甲より年の功というわけではありませんが、努力や才能では決して覆すことのできない絶対的なものだといえます。

若い男性にありがちな、とにかくセックスがしたくてガツガツしているという余裕のない男性はモテません。いくら出会い系とはいえ、むしろ出会い系だからこそ、紳士的な振る舞いをすることがモテるための秘訣です。

その2.自分の知らないことを教えてくれる知識力

これも年齢によるところがありますが、長く生きていればそれだけ多くの知識を得る機会に恵まれます。本から得た知識よりも、人生を生き抜くにあたって身に付けることになった知識のほうですね。

いまやいつでもどこでも手軽にインターネットで検索ができる時代。検索すればすぐにわかるような、本で得られる知識にあまり価値はなくなりましたが、文献になっていない生きるための経験に基づく知識は重宝されます。ここで気をつけたいのは説教臭くならないようにしたいということ。人生訓なんて語るのは退屈がられると思うかもしれませんが、実はいまそれが求められているんです。

その3.きちんと自分の話を聞いてくれるという安心

女性の話を聞いてあげるだけ。実はこれができない男性が非常に多いんです。多くの男性は、話を聞くだけではなく、つい自分の意見だったり一般論だったりを添えてしまうんです。ですが、女性にとってはこれは「自分を否定された。反論された」と感じるそうなんですね。女性が求めているのはアドバイスだったり解決だったりではないんです。ただ、話を聞いて欲しいだけなんです。

シンプルなことではありますが、これが出来る中高年男性は非常にモテます。話を聞くだけという簡単なことなのですが、実はこれが一番大事なポイントなのかもしれません。女性はほとんどすべてが自分のことを話したがりますし、聞いて欲しいものなんです。やることといえばひたすら相槌を打って「そうなんだ、大変だったね」と、その需要を満たしてあげるだけでいいんです。

その4.まるで父親のような父性

年上好きの若い女性は、多くの場合自分の父親と似た男性を好きになるそうなんです。基本的に小さな子供は自分とは異性である親に懐くものですからね。男の子であれば母親に、女の子であれば父親により懐きやすいものなのです。ちなみに、幼少期に父親から満足な愛情を注いでもらえなかった人ほど、年上好きになる傾向があるようなんですね。

そういった女性が求めているのは異性としての愛ではなく、家族としての人間愛だったりするものです。だから、こちらから「年下の女性が好きです」とアピールするのは逆効果だったりします。そうしてしまうと「私のことを性的な対象としてみている、父親が私のことを性的な対象としてみている」と思ってしまうから引いてしまうんです。最終的にはセックスすることになるとはいえ、最初の入口をむざむざ自分から潰してしまうのは損ですからね。雄弁は銀、沈黙は金ともいいますし、黙っておきましょう。

その5.それなりの清潔感

もし、仮に上記のすべてを満たしていたとしてもそこに清潔感がなければ女性は嫌悪感を示してしまうことでしょう。なにも肌がツヤツヤで、ムダ毛ひとつなく汗ひとつかかないような過剰な清潔感はまったく必要ありません。一緒にいて不快でない程度の清潔感があれば、それでいいのです。

「清潔感のある男性って、具体的にどういうことなの?」と思うかもしれません。なにを持って清潔とするかは人それぞれですし、どこからを清潔をみなすか?という程度も人それぞれになってしまいますからね。男性が男性を見て「お、あの人は清潔だな!」と思う場面も少ないですよね。でも、逆なケースは思い当たりませんか?

電車の中で頭をボリボリとかいてフケを撒き散らしていたり、ヨレヨレでシワだらけのスーツに汗ジミが出来ていたり……なにを持って清潔とするかは難しいですが、なにをもって不潔とするかは割と簡単ではないでしょうか。要は清潔であることを目指すよりも、不潔と思われないようにするための努力をすれば、それは自然に「清潔感をもつ男性」に繋がるのです。

 

セカンドバージンの女性をいっぱつで落とせる魔法の言葉

熟年出会い

471762018.2

いま、にわかに注目され始めているセカンドバージンという言葉をご存知でしょうか?それをテーマにした映画も作成されたくらいです。バージンと言うのはその名の通りまだ一度もセックス経験のない処女のことですが、セカンドバージンというものはすでにセックスを経験済みではあるものの、2~3年以上もの間セックスをしていない女性のことを指すそうです。熟年夫婦であればセックスレスという形で以前からあることでしたが、実はいまは20代や30代の女性にもこの「セカンドバージン」が増えてきているそうです。

その理由としては、単純に彼氏が出来ない人から、以前の彼氏を忘れられずにいたり、真面目に結婚相手を探している人であったり、仕事が忙しすぎてそんな暇はなかったり、そもそも恋愛自体が面倒くさくなってしまったりなど……実にさまざまな理由があるそうです。

事実、いまは結婚率がどんどん下がる一方ですし、逆に結婚願望がもともとないという男女が年々増え続けているそうですからね。国全体で男女が年に合計何回セックスをしているのか?というデータがもしあるとしたら、それも年々下がっているのは確実でしょうね。

女性からすると、このセカンドバージンという言葉は恐怖の対象であり、なるべくそうなりたくない!と思う女性がほとんどなんだとか。しかし、セックスというのは自分ひとりでどうにかできるものではなく、相手が必要なものですからなかなかそう思うようにはいきませんよね。

さらに、一度でもこのセカンドバージン状態になってしまうと、なにかのきっかけでセックスの機会があり「セカンドバージンを捨てた」ことができたとしても、そこからまたさらにセックスと縁のない生活に逆戻り……。いうなればサードバージン、フォースバージンがまたやってくるという、セカンドバージンスパイラルという現象もあるんだとか。

一度ハマると抜け出せない! 恐怖のセカンドバージンスパイラル

ふと気付けば、恋人がいない年数が片手を越えてしまった……というあなた。指折り数えたその手でそのまま自分の頬をひっぱたいて欲しい。目を覚ませ!
――と言うのは冗談だが(本当にひっぱたいてしまった方、ごめんなさい)、ぐずぐずしている場合ではない。あなたは世にも恐ろしいセカンドバージンスパイラルに既に片足を突っ込んでいるかもしれないのだ。
恋するのを「焦れ」というアドバイスはきっと正しいものではないのだろう。もちろん焦ってくだらない男と関係を持ってしまえなんて言っているのではない。言いたいことはこれだ。「ただ待っているのは怠惰ではないのですか?」ということ。
ぜひ一度じっくり自分の現状を見つめなおしてみてほしい。

ただ待っていては抜け出せない!

焦っても恋がネギを背負ってやって来ないのは、おそらく多くの女性が気付いていることだろう。そもそも恋とネギは、焦ろうが待とうが幸せの絶頂にいようが、なんの関係もないということには多くの女性が気付いているだろう。つまりネギは本当に何の関係もなくて、「焦りたくない」という言い訳に甘えて、恋を怠けていなかったか、問うているのだ。
出会いは自然であって欲しい。そう言いつつあなたの窓は閉ざされてはいなかっただろうか。いつか出会うでしょなんてタカをくくって、パッと見の地味な可能性は最初からお友達フォルダにねじ込んではいなかったか今一度考えてみてほしい。

数年ぶりのセックスは地獄

ここで焦りを知らない皆様に恐ろしいお知らせがある。個人差はあるので何年くらいでその状態になるのかは分からないが、数年ぶりのセックスが挿入できない程痛いという噂を聞いたことはないだろうか。残念ながら本当です。一度経験があるから我慢もできるが、そこはその大きさのものが入る場所ではありません!と突っぱねたくなる痛さ。
まさにセカンドバージンである。ブランクがあると人は色々なことを忘れる。体も思った様には動いてくれない。痛みもショックだが、いい大人なのに恋を知らない子供のようなぎこちない自分にショックを受け、更に、またもや、またしても!恋愛から遠ざかってしまう。不の連鎖にはまり込み抜け出せなくなった状態。私はそれをセカンドバージンスパイラルと呼ぶ。

セックスがうまくいかないと更に自信を失い恋心も萎縮してしまう。失い続けて、もはやミジンコのようなささやかな自信しか持ち合わせていないSVS(セカンドバージンスパイラル)の女性は、簡単なメール一つ送るのにも震えていることだろう。

だから男達よ。もしもあなたが身も心もカチコチに萎縮したセカンドバージンの女性を相手することがあれば、いつもよりちょっとだけ優しく抱いてやって欲しいのだ。そして女としての機能がきちんと動作しているか不安でたまらない彼女を求めてほぐしてやってほしい。自信を取り戻しさえすれば彼女達は猿の様に輝くはずである。
合コンへ行けだの婚活しろだのと言うつもりはないが、心のスイッチをOFFにしたことすら忘れ長い時間が過ぎてしまったのならば、女子のみなさん、手遅れになる前にいいかげん動き出してみてはいかがだろう。

http://www.excite.co.jp/News/laurier/hunting/E1437709847264.html

女性視点でのセカンドバージンに対する考え方は参考になりますね。数年ぶりのセックスは挿入に耐え切れないほどの痛みを伴う……と思っていたら、なかなか自分から誘いにくいものです。でも、ずっとこのままなのはもっと嫌だ!というせめぎ合いがあるのです。では、男はどうすればセカンドバージンの女性に安心してセックスをしてもらうことができるのでしょうか?

セカンドバージンはセックスに憧れつつも、セックスに怯えている

いろんな理由があるにせよ、いまセカンドバージン状態になってしまっている女性の多くは、自分に自信を失ってしまっていることがおおいです。

  • 私に魅力がないからセックスする機会がないんだ……
  • もし誰かとセックスするようなことになっても、もう長いことしていないからぎこちなくて恥ずかしい思いをするのではないか……
  • してなさすぎてもうセックスが怖い。処女だった頃よりも怖く感じている。

などなど、セックスそのものに尻込みしてしまっていることが多いそうです。とはいえ、今後一生セックスをしないという覚悟があるわけでもありません。なんとかもう一度セックスをして自分の自信を取り戻したい。そんな理由から、リハビリセックスだけを目的に出会い系に登録する女性がいまは増えてきているそうなんです。

そんな彼女たちが求めているものといえば、とにかく優しくしてくれる人。自分がセカンドバージンであることを理解してくれて、それを受け入れた上でセックスを経験させてくれる人。そんな都合のいい男を求めているわけですね。セカンドバージンの女性はとにかく繊細であることが多いです。その繊細さゆえにセカンドバージンになってしまっている側面もありますからね。

そしてもう長いことセックスをしていない自分に対して負い目を感じていますので、セックスに熟練した慣れた人とはあまり関係を持ちたがりません。みっともない自分をそんな上手い人に見られるのは恥ずかしいし、セックスごときに尻込みしている自分がみじめに感じてしまいそう……と思うわけですね。なので、こちらもセカンド童貞である、という設定にしておけばいいのです。

私はいつも、こういう触れ込みで掲示板に投稿をしたり、女性にメールをしたりしています。

「私はもう何年も女性と関係をもつ機会がなく、セカンドバージンならぬセカンド童貞のような状況です。仕事の忙しさにかまけて女性にまったく縁のない生活をしてきた自分のせいではあるのですが……そんな私にもいま、気になる女性がいるのです。お付き合いすることになるかもしれないのですが、もしその彼女とセックスをする段階になったとき、もう何年もセックスをしていない自分が失敗してしまうのではないかという恐怖から、なかなか踏みきれません。むしのいい話ではありますが、ボランティアだと思って私にもう一度自信をつけさせていただけませんか?お願いします」

というようなメールです。ごくごく普通の出会いを求めている女性にとっては、なんだこいつふざけてるのか、と思われるようなメール内容ですが、これがセカンドバージンの女性の目に留まった場合、かなりの確率で返信をくれるのです。なにしろ、相手もまったく同じ動機で登録をしているのですからね。しかも同じ負い目を背負っている同士ですから、恥ずかしがることもみじめになることもありません。なのでお互いにとってまったくもって都合のいい相手になるのです。

セカンドバージンの女性を落とす魔法の言葉というのは「私はセカンド童貞です」という言葉です。「わたしと同じ悩みを抱えているんだ」「同じようにセックスに不安がある人なら、私が失敗したとしても恥ずかしくないかも」と親近感や安心感を与えることが出来るわけですね。もちろん、本当にセカンド童貞である必要はまったくありません。実際、私もこの手口で3日連続でそれぞれ別人のセカンドバージンの人妻とセックスをしたことがあります。セカンド童貞どころか、最後にセックスしてからまだ24時間も経っていないのですから……ひどい男ですよまったく!

セカンドバージンの女性とセックスをする際の注意点

こうしてセカンドバージンの女性と会うことになった場合、することはただひとつ。セックスしかありません。なので会う約束=セックスの約束に確定するのもこの出会いのメリットですよね。なので1回めのデートは軽く済ませて、2回めはどこどこへいって、3回めでようやくホテルへ……というような面倒な手段を踏まずにすみます。

ただ、忘れてはならないのは相手はほんとにセカンドバージンであり、セックスに対して恐怖心を抱いているということです。ただセックスができればいい、というヤリ捨てるつもりで相手をするのはいささか不憫ですからね。それにセックスで一人の女性を救えると思えば、男冥利につきますからね。やはり相手も喜んでくれる、後悔させないようなセックスを心がけたいところです。

かと言って別に特別な技術やテクニックは必要ありません。とにかく優しくしてあげればいいのです。

  • 痛かったらすぐに言ってね
  • 大丈夫?こわくない?
  • ゆっくりでいいからね
  • ◯◯さんのペースで平気だからね

などなど、相手を気遣うような言葉をおおくかけてあげるといいでしょう。彼女たちがセックスに求めているのは快楽ではないのですから。ほしいのはセックスに対する恐怖心の払拭と、自分自身の女としての自信なのです。なので無理にイカせたりする必要はまったくありません。もちろん、イカせられるならそれにこしたことはないですけどね。

セカンドバージンをこじらせてしまっている人だと、意を決してしたセックスが思い通りにならず、やっぱり私はもうセックスができないんだ……女として終わっているんだ……という思いをさらに強く抱いてしまい、またセカンドバージンになってしまう……いわゆるセカンドバージンスパイラルと呼ばれる現象もあるそうです。

そんな彼女たちとセックスをして、セックスってやっぱり気持ちがいい、素晴らしいものなんだ、と思ってもらえるなら私としても嬉しいですからね。なんだかイイコトをした気になれます。実際はウソを付いているんですけど、まあバレなければお互いに幸せですからいいですよね(笑)

人妻が求めているのは、ルックスでも収入でもなく、安心感なんです

熟年出会い

maxresdefault

人妻が不倫出会いに対して何を一番恐れているかといえば、それが旦那に不倫がバレてしまうことですね。出会い系でデートやセックスを楽しんで女としての自分を取り戻したい……でも、もしバレてしまったらと思うと、こわくてその一歩を踏み出せない、なんて思っている人妻はゴマンといることでしょう。

とりあえず自分の欲望のままに出会い系に登録したはいいけど、やっぱり実際に会うとなると躊躇してしまう、そんな人妻たちの背中を押してあげるのが「安心感」なわけですね。不倫がバレない方法をあれこれとレクチャーしてあげるだけでも相手は安心してくれるものです。

出会い系に慣れて簡単に会える人妻だけを狙って早く安上がりに済ませるのもいいのですが、たまにはこういう出会い系初心者のスレていない人妻を狙ってみるのも楽しいものなんですよね。ちょっと手間はかかりますが、すごくドキドキしているのがこっちに伝わってくる新鮮な感じといいますか。おもわずこちらまでドキドキしてしまうようなフレッシュさを楽しめるんです。

そんな出会い系に不慣れで、まだ初々しさを感じさせる人妻を落とすためのコツを紹介したいと思います。

一般常識を感じさせる言葉遣い

まず、出会い系にとってメールはほぼ唯一のコミュニケーション手段です。相手がどういう人なのかを想像し、感じ取るには文字という媒体からしか受け取ることが出来ません。なので言葉遣いから与える印象はとても大事です。特に出会い系に不慣れな人妻であれば「出会い系ならではの常識」なんてものは持ちあわせておらず「一般的な常識」と照らしあわせて相手を評価することになりますからね。

慣れた人同士であれば、最初は必要最低限のプロフィール交換だけをしてあとは実際にあってみてから話をしましょう、という流れになるのですが、不慣れな人妻であれば、まず一度会う事自体がとても大きな冒険になるのです。ですので「この人となら会ってみても大丈夫そう……」と思わせることが大事であり、そのためには一般常識を感じさせる言葉遣いが必要になってきます。

といっても、普通でいいんです。まっとうな敬語を使えてさえいればそれで十分なんです。なぜかといえば、そのまっとうな敬語を使える人が出会い系にはほぼ存在しないからです(笑)一度、女性会員として登録してみるとよくわかるのですが、ビックリするほど乱雑で頭の悪そうなメールばかりが届くんです。自己紹介もなにもなしに「いつ会える?」だけの本文だったり「セックス出来るなら返事してください」というような驚くほど上の立場からの言葉だったり。

出会い系の男女比は当たり前ですが男性の方が多いです。でも、まともな男性っていうのはすごく少ないんです。なので上記のような「出会いの対象として論外」な男性会員を除くと、案外良いバランスになっているような気がしますね。なにも気の利いたセリフやジョークなんてものは必要ありません。ただ、言葉遣いを丁寧にすればいいんです。それだけで、相手に与える印象は大きく変わってきます。

質問にはきちんと答える

なにしろ右も左も分からない初心者なのですから、気になることや知りたいことがたくさんあるのです。どんなにくだらない質問だったとしても、きちんと答えてあげてください。相手にとっては返ってきた答えの内容も大事ですが、質問に答えてくれた事実のほうがよっぽど大事なのです。とはいえ、もちろん答えにくい質問もあるでしょう。その場合はきちんと説明してさえあげれば答えなくても問題ありません。話が長くなってしまうので会った時に教えますね、という返し方がベストですね。

当然、質問は個人的なものが多くなってくることでしょう。なにしろこれから会うことになるかもしれない人がどんな人なのか?当たり前ながら気になるものですからね。ただただ質問に答えるだけでなく、こちらから質問をすることも大事です。なにも質問をしてこないとなると「自分に興味がないのだろうか?」「会えればだれでもいいってことなの?」というネガティブな印象を与えてしまいかねないからです。

会話はよくキャッチボールに例えられます。返事を出す前には落ち着いてメールの本文を見直してみることをオススメします。誤字脱字はないか?質問を無視していないか?乱暴な言葉づかいをしていないか?ちょっとしたミスが相手にとっては大きな不安につながるかもしれないのです。初心者を相手にする場合は、丁寧すぎるくらいでちょうどいいといえますね。

もちろん誰にだってミスはあります。こちらが質問をしても相手が答えてくれない場合もあるでしょう。単に見落としているか、もしくは答えたくない質問だったからあえてスルーしているか。会う日取りの話だったりといった重要なことであれば再度聞き返す必要がありますが、些細な事でしたらこちらも気にせずそのまま流すことのほうが良い場合があります。意図的にスルーをしていたのであれば、相手にとっては二度きかれたら答え無くてはならないというプレッシャーになってしまいますからね。寛大な心を心がけましょう。

そういう意味では会話におけるオウム返しのテクニックも使っておきたいところです。こちらが質問をして答えてくれた場合、相手の言ったことをこちらも復唱をすることで相手にたいしてきちんと話を聞いているという印象を与える会話法のことです。

「◯◯さんは旅行にいくならどこにいきたいですか?」

「そうですね……海外に行ってみたい気持ちもあるけど、今はゆっくり温泉につかりたいな」

「温泉いいですよね!実は僕も、温泉に行きたいって思ってたんですよ。奇遇ですね」

といった具合に、相手の言ったことを復唱&同意することで相手に親近感を与えるテクニックです。これを全くしないのと適度にするのでは、全然印象が違ってきますよ。やりすぎてしまうとクドくなってしまうので、1~2通に1度くらいにしておきましょう。これは必ず抑えておきたい手法ですね。

強引にいきすぎないこと

出会い系において多少なりとも強引にいったほうが結果的にはうまくいくことが大半なのですが、初心者は強引にこられるとおもいっきり引いてしまうケースもままあります。特に、相手がまだガードを構えているのに無理矢理に崩そうとするとほぼ確実に相手から返事は来なくなってしまいますね。

出会い系初心者に対していきなり会おうよメールは厳禁とも言えます。そういうメールを送っていいのはある程度出会い系に慣れた人向けですからね。そういうメールを受け取ってしまうと「この人は女ならだれでもいいのね」という軽薄な印象を与えてしまいます。まあ実際だれでもよくはあるのですが、相手からしたら「私だけが特別」といった印象をあたえることが大事ですからね。

なのでプロフィールをきちんと読んで、相手が聞かれたがっていることを見つけてあげることが大事です。たとえば「最近はガーデニングがマイブームです」と、書いてあれば必ず拾ってあげましょう。ちゃんとプロフィールを読んでくれた&私に興味をもってくれたという印象を与えることが出来ますからね。

そしてちょくちょくメールの中に「あなたは特別な存在」であることを匂わせる言葉を織り交ぜてみましょう。

「こんなことあまり話さないんだけど……なんだか◯◯さんってすごく話しやすいからついつい話しちゃった」

「◯◯さんとお話するのがいまや一番楽しみな時間になってるよ」

「こんなに気が合うのって初めてかも!すごく相性いいのかな?って勝手に思ってます」

なんて風に、私だけを見てくれていると錯覚させて喜ばせることが大事ですね。北風と太陽の話にもありますが、無理にガードを崩そうとしてもいいことはありません。それよりも相手のことを褒めて自然と態度をゆるませるほうがよっぽど上手くいくことが多いです。

まずは食事から誘ってみる

鉄板ではありますが、初デートは食事に誘いましょう。単に「喫茶店などで、まずはお話でもしませんか?」という誘い方ですと「話すこと」が目的のメインになってしまい「なにを話せばいいんだろう?」「もし想像と違った人が来てもなにかを話さないと……やだなぁ」といった感じに、余計な不安を覚えさせてしまいます。

しかし「どこどこのお店のなになにが美味しいらしいのですが、今度いってみませんか?」といった具合に「食べること」を目的とすれば「話すこと」はついでになるわけなんです。それに、美味しいものを食べることに対して抵抗のある女性はほとんどいませんからね。あくまでも食べることが目的で、たまたま同じものを食べたい人と一緒に行くだけ、といった動機付けにさせると相手の心理的抵抗はグッと下がります。

いくらガードが固い初心者といえど、出会い系に登録している以上は出会いが目的なわけなのですから、会うこと自体は相手も望んでいることなのです。でも、その会うまでの道のりで壁となるものをいかに取り除いてやるかが初心者を相手にする時に大事になってくるのですね。

当然、相手だっていい大人なのですから出会い系で出会う男女が最終的になにをするか?というのは理解していますし、それを望んでいるのも確かです。あとはいかに相手が納得できるレールを用意してあげられるか、ですね。女性はなんだかんだ男性に引っ張られるのが好きなものなんです。そして、自分で選択したことよりも、選択せざるを得なかった状況に身を任すことが好きなのです。

  • 終電がなくなってしまったから帰ることができなくなってしまったから、仕方なくホテルに……。
  • 歩き疲れて休憩をしたかったところにホテルがあったから、仕方なくホテルに……。
  • カラオケに行こうと思っていたけど、カラオケボックスが一杯で入れなかったから仕方なくカラオケのあるホテルに……。

というように、仕方なくそうしているだけなの、と言い訳を自分にしたいだけなのです。

食事だけって聞いてたのに、ホテルに誘われちゃって断りきれなくて仕方なく……。なんて風に流れを作ってあげれば、あとはけっこう簡単なものですよ。会うこと自体に抵抗があって踏み出せなかった人妻ほど、一度会ってしまえばそのままの勢いで簡単に身体を許してしまったりするものなんです。いじらしくて緊張している人妻の服を1枚1枚脱がしていくのはとても楽しいものです。

出会い系初心者の人妻を相手にするのは、正直にいうと面倒な事のほうが多いです。でも、だからこその達成感も味わえます。あなたも出会い系初心者であるのなら初心者同士で会うほうが安心出来ると思いますし、ある程度慣れているのであればたまにはそういった面倒な手順を踏んででも新鮮な気持ちを味合うのもオツなものですよ。

他人の妻を勝手にM奴隷として調教しちゃおう!

中高年の出会い 人妻とのセックス

20111118124211

私は出会い系で人妻とセックスをすることを趣味としていますが、いくら楽しい人妻セックスといえど何十人としていたらさすがに飽きが来てしまうものです。我ながら贅沢な悩みだとは思いますが、いくらカレーが美味しいとはいえ毎日食べていたら飽きてしまいますからね。そんな時に「味変」として取り入れているのが人妻をアブノーマル調教することですね。これまで旦那と純粋な正常位での子作りセックスくらいしかしたことのない純朴な女性を、自分でアナルを開かせて腰をくねらせながらチンポを求めるくらいに調教したときの達成感は格別です。

かく言う私も、出会い系に手を出すまではほとんどがノーマルなセックスばかりでした。たまにちょっとした気分転換に目隠しプレイだったり、ローションをアクセントにつかってみたりといったソフトSMっぽいものはしたことがあるものの、本格的な道具を使ってみたり、やり方を事前に調べて勉強してみたりといった、本腰を入れたアブノーマルセックスというものはこれまで無縁のことでした。

しかし、出会い系で人妻と会うことを重ねる中で、気づいていったのです。人妻というものはアブノーマルセックスにとても興味があるのだと。たしかに考えて見れば自然なことなのです。人妻が出会い系に求めることを一言でいえば「刺激」という言葉が一番ふさわしいでしょう。単純に一番刺激を味わえる行為はなにか?という点で「男とのセックス」が効果的だから、人妻セックスを求めているとも言えます。

そんなセックスもなんどか経験してしまえばふつうのコトになってしまい、刺激が得られなくなってしまいますからね。昔を思い出してみてください。はじめてできた彼女と手をつないだ時はとてもドキドキしませんでしたか?でもそんなドキドキも時がたつにつれて当たり前になってしまい、手をつなぐくらいではなんとも感じなくなってしまいますよね。出会い系でのセックスも同じこと。今まさにセックスレスで飢えている人妻であれば、セックスをするだけで満足をするでしょうが、ある程度出会い系での出会いを重ねた人妻であれば、もうそこから刺激を得ることは難しくなっています。

そこで効果的なのがアブノーマルセックスなわけですね。ふつうのセックスでは味わえない刺激というものをダイレクトに味わえます。普段からそういうアブノーマルセックスを営むような夫婦であれば、そもそもセックスレス状態に陥ることは稀ですからね。

出会い系に登録する人妻の殆どはセックスレスである。
セックスレス夫婦の多くはノーマルなセックスしかしていない。
ゆえに出会い系に登録する人妻の殆どはアブノーマルセックスを経験したことがない。

という三段論法が成り立つわけです。最初こそ、嫌がったり拒否感を示すかもしれませんが、あくまでもそれはポーズであることがほとんど。いわばお約束みたいなものです。ホントはとても興味があるけど、いきなり食いついたらはしたない女に思われるかもしれない……というような、女性のプライドというべきようなものなのですから。そこは男の私達が察してあげて、グイグイと引っ張ってあげましょう。

手始めにソフトSMからはじめてみる

かといっていきなりムチやロウソクをつかうようなハードSMからはじめるというのも無茶な話ですよ。さすがにそれはほとんどの女性は引いてしまうことでしょう。ものごとには段取りというものがありますから、まずはソフトSMから始めましょう。ソフトSMというとなんだか物足りなさそうな印象を受けるかもしれませんが、実はそんなことはありません。SMプレイの本質的なものは、ソフトSMでだって十分に味わえるのですから。SMプレイがどんなものなのかを体験するにあたっては最適です。

それに、ソフトSMというなんだか物足りなさそうな響きが始めるキッカケにはいい方向に働くわけです。ソフトってついてるくらいだし、それくらいならまあいっか……と思わせるわけですね。そう思わせればこっちのもの。あとはアブノーマルセックスの刺激を存分に味わわせれば、あなたの言うことなら何でも聞くようになるメス奴隷の出来上がりです。人の妻を勝手に性奴隷化してしまう背徳感というものはたまりませんよ。我ながらゲスいと思うことは多々ありますが、この快楽にはとてもじゃないですが抗えません。

ソフトSMは思いつきで始められるのもいいところです。例えば目隠しプレイであれば、本格的な目隠しやアイマスクなんてのは別に必要ありません。ネクタイやハンカチといった布があればそれだけで十分に始められます。ほかにも手首をちょっと縛ったりするのにもつかえますからね。普段からハンカチをもちあるくクセをつけておくといいかもしれません。女性にとってハンカチを持つ男性って好印象ですからね。

目隠しプレイのすばらしさ

もちろん、目隠しだけしてあとはいつものセックスというのでは意味がありません。ちゃんと目隠しをしたことによる効果を味わえるように工夫をしましょう。目隠し状態での愛撫はフェザータッチが基本です。触れるか触れてないかというような、実に繊細な触り方のほうがグッと効果が出ます。乱暴にもみしだいたり、力任せに手マンをするなんて事はせっかくの目隠しを殺しているようなものです。そのようなハードなプレイはあくまでアクセントとして織り交ぜるくらいで、基本はフェザータッチを心がけてください。

人間には五感というものがあります。視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚ですね。その中でも視覚はかなり重要度の高い感覚です。もしこの中で一つだけ感覚を失ってしまうとしたらどれを選びますか……?という質問をした時、視覚を選ぶという人はほとんどいないでしょう。誰しもが失いたくないと思う視覚ですが、目隠しをすることでこの視覚が一時的に失われます。そうするとどうなるか?その失った視覚分を補おうと、他の感覚がより研ぎ澄まされるんです。

その中でも一番敏感になるものが触覚なんですね。たとえば急な停電やブレーカー落ちで真っ暗になってしまった時、どうするかといえば手を前に出して移動をしようとしますよね。このへんにドアがあったはず、このあたりに配電盤があったはず、といったようにまさに手探り状態になるわけです。視覚から情報が得られないかわりに、手に何がぶつかるかという触覚で情報を得て周囲が安全かどうかを確認するんです。

そんな研ぎ澄まされた触覚のときに、愛撫をされたらどうなるかといえば……それはもちろん、普段以上の快楽を得られます。中でも触れるか触れないかのフェザータッチだと「いつ触れてくるのか?いったい何が触れているのか?」ということに意識がいき、より集中しようとしてますます感度が高まります。これで乳首攻めをした日になんかは、きっと旦那ですら聞いたことのない声を聞けることでしょう。

ずっと愛撫をし続けるというのも芸がないので、突然手を止めて気配を消してみてください。すると、相手にしたら本当にあなたが消えてしまったかのような錯覚をおぼえるそうなんです。「◯◯さん?いるんですよね?どうしたんですか?」なんてふうに確認してくることでしょう。でも、ここは無視してください。相手の不安感を煽ってあげてください。もちろん、本当に消えるわけがないなんてことは相手にもわかっていますが、頭ではわかっていても身体では理解しきれずに、よりあなたの気配を探そうとしてまたも感覚が研ぎ澄まされるようになります。

頃合いを見て、ふっと息を吹きかけでもしてあげたら、飛び上がるほどびっくりすることでしょう。そんな自分の手のひらで踊るような様を見るのは実に愉悦ですよ。目隠しプレイを一度もしたことがない女性からしたら、あなたはまさに神のようにすごいものに感じられているはずです。「すごい、こんなの初めて…!」と。女性がお世辞で使う言葉としてよく使われる言葉ではありますが、この場合は本当にはじめての経験になるわけです。この人についていけば、もっともっとすごい体験ができるかも……と思わせてしまえばこっちのものです。

アナルプレイは初心者にはオススメできません

もうひとつ、アブノーマルセックスといって頭に浮かぶのはアナルを使ったプレイですね。アダルトビデオでもよく行われていますし、なんだか身近なものに感じてしまうかもしれませんが、このアナルセックスというものは実に大変なセックスだということを覚えておいてください。決して思いつきでできるような、カジュアルなプレイではないのです。

まず大前提として事前の準備がいります。いわゆるアナル拡張というやつですね。アナルというものは基本的には排出のみができるように設計されている器官ですので、なにかを入れるようにはできていません。オマンコであれば生物学上の設計としてモノが出たり入ったりするように作られていますよね。赤ちゃんの頭ですら通るような伸縮性がありますし、チンコを挿入する際は痛くならないように潤滑油として愛液が出てくるような仕組みも兼ね備えています。

しかし、アナルにそんな便利な機能は一切ありません。なのでチンコを受け入れられるように拡張する、という事前の準備が必要になってくるわけです。具体的に言えばアナルプラグと呼ばれる拡張器具で、細いものから太いものを徐々に交換していき、その状態に慣れさせるわけです。ピアスの孔を拡張するのと同じ理屈ですね。

その期間は数週間は要することでしょう。そこまでして拡張ができたとしても、次は腸内洗浄がまっています。当たり前ですが、アナルの中身はウンコだらけです。なにも洗浄しないままアナルに挿入したとなれば、それはもう自分のチンコに相手のウンコがびっしりとつくわけです……。人のウンコなんてものは生理的にとても嫌悪感を覚える匂いがしますし、大腸菌が尿道から体内に入ってくるかもしれませんから衛生的にも問題です。なので、アナルの洗浄も必須になってきます。

そのどちらの工程も、相手の身体に多大な負担を強いることになりますからね。こっちの思いつきで、ちょっとアナルやってみない?なんて風に気軽に誘うことはできないプレイなのです。

でも、だからこそアナルプレイを仕込んだ時というのはまた格別な達成感が味わえますけどね。それにどちらの工程もまさにアブノーマルプレイの調教といった感じが味わえますので、慣れてきた人にとってはオススメです。しかし、初心者にはまったくオススメしません。自分のことを初心者だと思う人は、まずはソフトSMから経験を積んでいくことをオススメします。

 

一度味わったらやめられない!人妻だけがもつ5つの魅力

人妻とのセックス 人妻との出会い方法 熟年出会い

eroangle522_07

出会い系を楽しむのなら、なんといっても人妻が最高です。他人の奥さんを好き勝手に抱いてセックスしている、と思うだけでもゾクゾクしてきて興奮します。

では、具体的に人妻のなにが良いのか?別にセックスするだけならふつうの出会い系で若い女の子を捕まえればいいじゃん。それか風俗とかデリヘルつかえばいつでもどこでもメールのやり取りとか面倒なこと抜きでいきなりセックスできるじゃん。と思う人もいるかもしれません。

悲しいかな、そういう発想に至る方というのは何もわかっていません。もっとも、人妻セックスの良さというのは実際にやってみないとわからないものですから仕方ないんですけどね。そこで、なぜ人妻出会い系サイトをオススメするのか?がよくわかる5つの理由をまとめてみました。

その1.人妻は人との触れ合いに飢えている

人妻出会い系サイトに登録する人妻は、旦那とセックスレスという女性が多いようです。旦那にあまりかまってもらえない、誘っても抱いてくれない、と不満を募らせています。夜の営みがないだけではなく、そもそも女として扱われていないというケースがほとんどですからね。それどころか人間として扱われていない悲惨なケースすらあります。

家にいれば家事や育児に追われる日々。たまに外にでるときだって生活必需品の買い物だったり、子供つながりのママ友とのお茶くらいなもの。そこに出会いはおろか、男性との接点すらありません。そんな無味乾燥した日々をこなしていて、誰から褒められるわけでもないんです。たまに奮発して手の込んだ料理をつくってみても、リアクションは特になし。テレビやスマホを片手に無言で食事をされ、おいしかったよやごちそうさま、のねぎらいの言葉すらない。そんな冷えきった家庭にいる人妻は、男性どうこうというよりも、まず人間と人間の接点を求めてしまいがちです。

ですから、その分、セックスにもすごく飢えています。たしかに、若い女の子の方が肌はピチピチしているし、自分の好みにセックスを教え込む、という楽しみがあります。しかし、若い女の子はどの出会い系サイトでも人気でなかなか落とせません。それに若い女の子であれば学校であったりバイト先であったり、なにもせずとも男性との接点や知りあうきっかけがあるのですから、わざわざ出会い系に出会いを求めるような若い女の子はなにかしらの欠点……ブスだったりデブだったりを抱えていることが多いですからね。

その点、人妻出会い系サイトというものは女性のほうが会員数が多いくらいのところが多いです。それに、若い頃はあんなにモテていたのに今の生活から抜けだしてあの頃の気持をもう一度味わいたい……という、過去にモテていればモテていたほど出会い系を利用する人が多いので、その分女性のレベルも総じて高くなっている印象です。男からしたら選り取りみどりで自分好みの好きな人妻を狙い撃ちで落とせることが多いです。

その2.人妻はテクニックが素晴らしい

人妻のテクニックは抜群だというこをご存知でしょうか?

マグロで我がままな若い女の子より、人妻とのセックスの方が絶対に楽しいです。若い女の子なら嫌がるようなフェラはもちろん、イラマチオだって平気でしてくれます。コレが欲しかったの、と言わんばかりにあなたのナニを根元まで加え込んで離しません。

女性の30代、40代というのはまさにアブラののった女ざかりの時期ですからね。年代で言えばそのくらいが女性にとって一番性欲が高まる時期なんだそうです。逆にその頃の男性というものは性欲というものは落ち始めて行く時期ですからね。もし旦那の性欲が落ちているのであれば、セックス相手を求めるなら外に探すしかありませんからね。

そんな時期にこれまでいろいろとつちかって経験してきたセックスにおけるテクニックというものを存分に発揮してくれるのですから、男にとってコレほど嬉しい話もないってものです。

たとえばフェラでイカせてくれたあとはお掃除フェラなんかもお願いせずともしてくれますからね。最後の一滴までゴックンしてくれますよ。騎乗位中に乳首をなめまわしてくれたりなど、わざわざイチから教えなくてもすぐにあなたの喜ぶポイントを責めてくるはずです。

その3.人妻は淫乱セックスに没頭してくれる

セックスに飢えている人妻は間違いなく淫乱です。

男性ならアブノーマルな願望があるものです。あなたがアナルセックスに興味があれば、提案してみるのもいいでしょう。もちろん、二つ返事でやろうやろう!なんては言ってきませんよ。「えっ、そんなの恥ずかしい」「ちょっとこわい」なんてふうに言葉では言ってくるでしょうが、その実内面では「すごくしてみたい……刺激を味わえそう!」なんて喜びながらしっぽを振っていたりするものです。オモチャなんか使うと大喜びするハズです。太いバイブをねじ込むのも、ノーパンで街を歩かせるのも思いのまま。

あなたのどんなムリで変態な命令も、人妻ならいろんなことを聞いてくれるはずです。あなたのためにアンダーヘヤーを剃ってくれたりもするかもしれません。なにせ、人から求められるということがほとんどない生活ですからね。なにかを頼まれたり、君にしかできないんだ、なんてことを言われたらコロっと落ちてしまうものなんですね。

旦那が見たこともないような淫乱な姿を、あなたにはさらします。そのシチュエーションはたまらないですよ。背徳感と征服欲。この2つを同時に満たせるのは人妻との不倫淫乱セックス以外にはありえません。

ここでひとつ歴史のお勉強を。その昔、チンギス・ハーンというモンゴル帝国を築いた皇帝がいました。最盛期のモンゴル帝国というものはすさまじい支配地域をもっており、実に世界人口の半分以上を征服したとさえ言われています。これほどの人数を支配した人間は後にも先にもこのチンギス・ハーンだけです。

そんなチンギス・ハーンが何よりも楽しみにしていたことは、戦争に勝利したあとの略奪・レイプでした。むしろ、それを楽しみたいがためにどんどんと戦地を広げ征服していったといっても過言ではないかもしれません。中でもその部族や集落の長の娘を目の前で犯すことが大好きだったそうです。

ちなみにこれはチンギス・ハーンにかぎらず、その部隊の将軍や権力者などに戦利品として女性があてがわれていたそうで、当時のモンゴル帝国の版図を調べると、そこに暮らす男性の殆どにモンゴル帝国をルーツとする染色体が見つかるとか。それだけ国ぐるみで世界中の集落や部族を蹂躙して回っていたんですね。

さすがに同じことを今することはできませんが、その疑似体験としてもっとも近いのが人妻とのセックスでしょう。それだけ人の女のを寝とるというものは古代から愛されてきた趣味のひとつでもあるのです。

その4.人妻は尋常じゃなくあえいでくれる

どうせなら長い時間、セックスを楽しみたいですよね。人妻の欲望は果てるということを知りません。あなたが責めれば責めた分、何度もイッて喜びます。

しかも、旦那とのセックスレスの期間が長いぶん、あなたの愛撫やセックスに異常なほど感じてくれます。未開発の若い女の子より開発された人妻が狂う姿も面白いものです。なんどもイカセればその分、あなたの虜になっていきます。あなたの奴隷やオモチャになって行きますよ。

それだけ身体がセックスに飢えているんでしょうね。まるで砂漠にホースで水を撒くかのごとく、どんどんと吸い込んでく上に満たされることはありません。常に乾きを感じていますし、セックスに満足するということはまずありえないでしょう。

むしろセックスをすればするほど、セックスに依存していくようになります。もちろん、相手を満足させるセックスを提供することは必要になってきますけどね。ただ、出会い系で人妻を狙って続けていれば嫌でもセックスをする機会は何度も何度もありますので、そこで経験を積んで練習をすることでテクニックが身についてきますし、自信も身についてきます。

人妻はとても簡単にセックスさせてくれるので、練習台としてもとてもいいですからね。なにより無料でヤラせてくれますし。私も出会い系を始めてから15人くらいまでは数えていたのですが、今はもうわからなくなってしまいました。さすがに100人はいってないと思いますが……それでも5~60人はいっていることでしょう。こんなことなら、最初から数えておいて記念すべき100人切りの達成感を味わうのもよかったかもしれませんね。今から始めるひとは、ぜひメモして数えていってみてください(笑)

その5.秘密はぜったい守ってくれる

旦那とはセックスの面で不満を持っていても、それを理由に離婚できないのが人妻です。

その分、秘密厳守にはうるさいですが、それさえ守れば、あとくされのない関係で楽しめます。あなたに結婚を迫ることもありません。年下の男性だけでなく、既婚の男性を求めている人妻も多いです。人妻とスリリングな時を過ごすのもなかなか良いものです。

いうなれば都合のいいセフレを確保できると言った感じですね。セフレをもつにあたって一番面倒なことは、デートを要求されたり、彼女や結婚相手として見てほしい、なんてことを言い出されることですからね。

相手が人妻であればそういった心配はありません。彼女たちは今の生活を壊すような真似はしたくないのですから。彼女たちだってズルいんです。それを利用する私もズルいですし、彼女たちだって私のことを利用していると思っている部分もあるでしょう。なのでお互い様なわけですね。変に気をつかう必要はありません。

なのでこっちからも私生活に関する話題はなるべくしないようにしましょう。旦那の愚痴を聞くくらいならまあ必要経費として我慢をしますが、子供の相談なんかされた日にはたまったもんじゃないですからね。そういうリアルな生活感のある話題は知りたくないですから(笑)余計なことは話さないし、聞かない。これが人妻セフレと長続きさせるためのコツといえるでしょう。

出会い系に登録している人妻は出会いに対してとても真剣です

中高年の出会い 人妻との出会い方法

出会い系に登録している既婚女性と未婚女性……はたしてどっちが多いのだろうか? と考えたことはないでしょうか。私も気になって検索などを駆使して調べてみたことがありますが、結果としてはほぼ同じかじゃっかん未婚女性のほうが多いかといった具合でした。

まあ、そんなもんじゃないの? と思うかもしれませんが……よくよく考えてみてください。人妻率、多すぎませんか?

五分五分といったらなんだかバランスがとれている気がしてしまいますが、人妻なんですよ。もう夫がいる女性なんです。それなのに、出会いを求めている人妻というのが、未婚でまっとうな彼氏や結婚相手を探している女性と同じくらい、出会いを求めているんです。

年代における結婚率とは

marital-status-single-f

こちらは国勢調査を元にした女性の年代における未婚率推移のデータです。時代を経るごとによって、熟年女性の未婚率があがっているのが特徴的ですね。そもそも結婚しない人が増えていることと、熟年離婚が増えたことによってこうなっているのだと思われます。

伸び率としてはやはり20代後半が驚異的な伸びを見せていますね。つい30年まえの1985年頃には29歳までの女性の実に7割が既婚になっていたというんですから、今とはまるで逆になっている印象です。そして60代の未婚率もかなり上がっています。医療の発達により死別による未亡人というのは減る傾向にあるはずですので、純粋に熟年離婚が増えたと見ていいでしょう。

さて、肝心の未婚率のデータですが、未婚率だとちょっとわかりにくいので、それをそのままひっくり返して結婚率として見てみましょう。参考にするのは2012年の国勢調査です。

  • 20歳:4.5%
  • 25歳:27%
  • 30歳:59%
  • 35歳:74%
  • 40歳:81%
  • 45歳:86%
  • 50歳:90%

ざっくりではありますが、だいたいこんなかんじです。イメージと実態はほぼあっているといった印象ですよね。でも、出会い系で見かけるのって25歳後半くらいからが多いと思いませんか?20代前半の女の子って出会い系ではあまり見ない印象です。

最近では特に30代からの女性がかなり増えてきているといえます。これは印象ではなく、体感として実感できるものですからね。いま出会い系で遊んでいる男性にとってはもはや常識とも言えるレベルかもしれませんが、確実に増えてきています。

かといって若い世代が減っているわけではないんです。むしろ、出会い系の利用者の総人口としてはスマホの普及により毎年右肩上がりに増えてきています。ただ、若い女性たちよりも年頃の女性たちのほうが増えるペースが早いせいで、そう感じてしまうわけですね。

もっとも20歳前後の女性であれば、わざわざ出会い系を利用しなくても学校やバイト先などで自然と出会いがあるものです。そういった出会いの場があるにもかかわらず、出会い系に手を出してしまう若い女の子ってのは……いわゆる地雷が多かったりもしますからね(笑)

これが25歳ごろになって社会に出だすと出会いの場ってのが本当になくなります。これは女性にとっても男性にとっても同じことですよね。なので出会い系というのは25歳から35歳あたりの男女がコアターゲット層になっているわけです。

しかし、出会いの場がないことにたいしてより深刻なのは人妻のほうだったりします。なにせ、人と交流するきっかけがほぼなくなりますからね。専業主婦なんかであればなおさらです。ずっと家にいて家事をこなして、たまに外に出たと思ったら子供の送り迎えだったり、スーパーへの買い物だったり。声を出してしゃべる時といえばママ友相手くらい。そんなんじゃ生きている実感すら味わえないかもしれません。

人妻にとっての出会い系とは

そんな人妻たちが「逃げ道」として利用し始めるのがまさに出会い系なわけです。もっと誰かと話したい。もっと私を見てほしい。もっと女として扱ってほしい。そんな切実な思いから出会い系に登録する人妻が多いのです。

なので、出会い系に登録している人妻というのは、助けてほしいわけですね。いま、この恵まれない環境から救いだしてほしい、と。そういう人妻の気持ちを理解しているかどうかで成功率というのは大きく変わってきます。

例えば、人妻がセックスを求めているかどうかといえばそれはYESです。でも、それは男視点の性欲の解消としてのセックスではないのです。あくまでも、自分のことを求めてくれて、自分が女として生まれてきた実感を一番味わえる行為が、たまたまセックスだった、というだけなんです。

人妻なんだからセックスに飢えてるんでしょ?おれとセックスしない?

なんて誘い方では全然ダメです。まるで人妻の気持ちをわかっていません。

人妻なんだから寂しいよね。僕も同じ気持ちなんです。一緒に満たし合いませんか?

というのが正しい人妻の誘い方なんです。出会い系に登録している人妻は寂しがっている。これはほぼ当たりです。なのでいきなり決めつけてしまって構いません。そして「僕も同じ気持ち」というのが大事です。女性は自分のことに共感してくれる人を好みます。この人なら私のことをわかってくれるんだ。そう思わせることが大事なんです。

そしてセックスという直接的な表現ではなく、満たし合うというきれいな言葉でごまかすわけですね。人妻が夫以外の男性とセックスをすればそれはすなわち不倫です。でも不倫はいけないことですよね。だからセックスと聞くと抵抗がある。でも「寂しさを満たし合う」行為なら……それなら許されるんじゃないか、と思ってしまうわけです。

事実、女性の不倫が発覚した時の言い訳というのはほとんどが「だって、寂しかったから……」というものです。これは、寂しくさせた貴方が悪いのよ、という意味合いも含まれています。自分は悪くないの。貴方が悪いの。といったすり替えなわけですね。

他人の妻を寝とるときは、この心境を巧みに利用してあげましょう。

この攻め方を知っていると、セックスまでの成功率が本当に違ってきます。なかなかセックスまで持ち込めなかった人は試してみてください。あまりの簡単さに笑いが止まらなくなりますよ。

中高年がおいしい関係を作るのに出会い系サイトほど便利なものは無い

熟年出会い

おいしい関係を作るのに出会い系サイトほど便利なものは無い

ネットを介して出会うことが一般化した今日、もはや出会い系サイトが偏見を持って見られる時代ではありませんが、それでもまだ利用に当たって不信感を拭えないと感じていらっしゃる方も少なくないかもしれません。

今なお出会い系サイト業界は、玉石混交ともいえる混沌状態にある事は確かですからどうしても、一部悪質な業者によるサクラや不正請求などのマイナスイメージがついて回るためだと思います。

しかし、男女の出会いという本来であれば誰しも胸躍る素晴らしい体験が、これほど容易に実現出来るサイトは、出会い系サイトを置いて他にありません。

多少のリスクはどんな遊びにも付き物です。手っ取り早くおいしい関係を作りたいなら、出会い系サイトを使わない手はありません。

出会い系サイトに登録している女性はみんなやれます

真面目な交際をうたい文句にした出会い系サイトもあるにはありますが、老舗を含め多くの出会い系サイトは、アダルト色を払拭していません。

ですから、出会い系サイトに登録している女性は、基本的にすべてやりたがっていると考えて差し支えないと思います。

先ほど、おいしい関係を作るのに出会い系サイトほど便利なものはないと書きましたのは、それはこうした実情によるものです。

しかし、メールでは女性の身になって翻訳をする

繰り返しになりますが、出会い系サイトに登録している女性はやりたがっています。しかし、女性は男性のように思っていることをストレートに口にすることの出来ない繊細さを宿しています。

出会い系に登録するのは男女とも、セックスをすることが最終的な目的ですが、だからといって単刀直入にいきなりセックスをしましょうと切り出すと、たいていの女性からは引かれてしまいます。

たとえ、何度かのメールで相手の女性が、あなたのことを気に入っていると確信した後でも、それではセックスしましょうと書くと、女性としてはしたくてもしたいとは言えないものなのです。

そこで、セックスの代わりに、おいしい食事をご一緒しませんかと書けば、女性としても誘いに応じやすいというものです。

メールでは、女性の身になって、言葉を翻訳してあげる作業が必要です。それさえ出来れば、誰でもおいしい関係を作ることはさほど難しいことではありません。

ぜひ、出会い系サイトを使って、おいしい関係作りを体験していただきたいと思います。

ページの先頭へ